本文へ移動
お問い合わせ
075-691-4111
山田化学工業株式会社
FAX  075-661-5267
営業時間 8:30-17:10 (平日)
 
Webからのお問い合わせ・資料請求はこちら
お問い合わせフォーム

会社案内

トップメッセージ

ものづくりを通じて、いつの時代も社会に貢献する
 
山田化学は、戦時下、海軍の依頼により海水の淡水化を目的に1944年に設立され、日本で初めて「イオン交換樹脂」の工業的生産に成功しました。
戦後復興を機に、社会を彩る「繊維用染料」の製造に転換し、高度経済成長期には、情報記録材料として感熱・感圧紙に使用される「ロイコ色素」を製造してきました。
近年では、創業以来培った有機合成技術を活かし、「機能性色素」の開発に注力しております。機能性色素は、高度に発達した現代社会において、エレクトロニクス関連製品の基盤技術をささえるキーマテリアルとして定着しています。
 
ものづくりを通じて、いつの時代も社会に貢献する。
これからも山田化学の開発製品および卓越した技術によってお客様のご要望にお応えし、世界中の皆様の生活にお役に立てるよう事業活動を進めてまいります。
 
代表取締役 会長兼社長 山田 新平

会社概要

会社名山田化学工業株式会社
所在地
〒601-8105    京都市南区上鳥羽上調子町1-1
電話番号075-691-4111
FAX番号075-661-5267
役員
代表取締役 会長兼社長 山田 新平
代表取締役 副社長   山田 充孝
取締役         白石 睦夫
設立年月日
1944年8月
資本金
4億8000万円
従業員数
92名 (2018年4月)
業務内容
機能性色素、繊維用染料、有機合成中間体の製造販売、各種化学品の受託製造

略年史

1944年
山田化学研究所としてイオン交換樹脂を製造する。
1945年
終戦により医薬品、工業薬品の製造に転換する。
1947年
繊維用合成染料の製造を開始する。
1949年
法人に改組し社名を株式会社山田化学研究所とする。
1951年
染料クロームブラックP2Bを上市。ユニフォーム、フォーマルウェア用途として国内繊維業界に定着する。
1969年
情報記録材料として感圧紙用途ロイコ色素を上市する。
1974年
現社名に変更する。
1985年
福井山田化学工業株式会社を設立する。
1990年
感熱・感圧色素海外生産拠点として、米国にSofix Corporationを設立する。
1995年
CD-R光記録材料用途特定波長吸収色素を上市する。
2001年
電子デバイス関連用途近赤外光吸収色素を上市する。
2003年
電子デバイス関連用途特定波長吸収色素を上市する。PDP調色用色素として業界標準となる。
2011年
感熱・感圧色素事業を福井山田化学工業株式会社へ、Sofix Corporationを長瀬産業株式会社へ譲渡する。
2012年
遮熱用途近赤外光吸収色素を上市する。
2014年
FPDカラーレジスト用染料として特定波長吸収色素を上市する。
2015年
「イオン交換樹脂の工業生産にかかわる諸資料」が重要化学技術史資料(未来技術遺産)に登録される((独) 国立科学博物館主催)。
2016年
KES・環境マネジメントシステム・スタンダード ステップ1を認証登録する。
TOPへ戻る